ダイニングカフェ Tagen

TEL:03-3913-8310

営業時間:日~木 11:00~22:30 / 金・土・祝前日 11:00~23:30
住所:〒114-0002 東京都北区王子1-10-9

Jazz liveのお知らせ 2020年2月

2020/2/14(fri)

1st 19:00
2nd 20:00
3rd 21:00

No Music Chage

Piano&Vocal 河波浩平
Bas 中林薫平

重厚なベースと軽快なピアノとボーカルが紡ぐ
「スイートフライデーJAZZバレンタインナイト」

2月のライブはバレンタインのフライデーナイト
恋人と家族と友達と仲間と2020年のバレンタインフライデーを
王子駅前タゲンで重厚なベースと軽やかなピアノと共に
チョコレートのように甘いとろけるようなJAZZYな夜をお過ごしください。

 

kawanamiprf

kunpeiprf

―――――――――――――――――――――――――――――

アーティストプロフィール

河波浩平(ジャズボーカリスト&ピアニスト)プロフィール

リズムやハーモニーに関しての独自の研究を重ね、ボーダレスな音楽活動を手掛けるシンガー・アレンジャー・ソングライター。

学生時代、日本を代表するバリトン声楽家・久保和範氏に師事する中、2001年に音楽活動を開始。オリジナル曲やソウル、R&B、JAZZ…といった様々な音楽を研究・実践するが、ヴォイスパフォーマーとしてもキーボードマガジン「プロ直伝シリーズ:坪口昌恭特集」に参加するなど、そのフィールドを大きく広げる。

2004年からジャズの分野に傾倒し始め、数多くのミュージシャンと共演をしているが、ジャズシンガーとしての活動を始めた2004年に行なわれた、「浅草ジャズコンテスト」でのグランプリ受賞を皮切りに、「スイングジャーナル人気投票」において第7位にランクイン、また「GOSPEL AWARDS2010」ではベストソリスト賞を受賞するなど、その実力は高く評価され続けている。

ジャズシンガーとしての活動以外にも、ラテンジャズグループ「LATINAMI」、「waveFLATZorchestra」、オリジナル曲を中心としたソロプロジェクト、2015年にはギタリストGio Guidoらと共に「JAGUNARISM」というボーダレスな音楽性を持つユニットでの活動など、幅広いスタンスで音楽と関わり続ける。

録音作品としては、2011年ソロアルバム「EACH」、同年の映画「うまれる」の挿入歌「泣いていいよ」、2014年には同作の続編となる「うまれる。ずっと、いっしょ」のテーマソングを歌い、2016年にはピアニスト・リン ヘイテツ氏とのWリーダーアルバム「ギンリントリップ」などがあり、他にも様々な音楽家の作品に参加している。

また、指導者としても高く評価されており、現在までも数百名に上る多数のヴォーカリストの指導に当たっている他、三菱地所の主催する「丸の内朝大学」の講師としてゴスペルを中心としたコーラスクラスを指導、各所でボーカルワークショップなども行なっている。

・好きな色:赤、暗めのブルー
・趣味:映画鑑賞
・特技:庭仕事、人を笑わせる事
・欲しいもの:体力、記憶力

中林 薫平(ジャズベーシスト) プロフィール
1981年生まれ。高校入学と同時に甲南高校ブラスアンサンブル部に入部し、ウッドベースを始める。2003年守口・門真ジャズコンテストでは、グランプリ、ベストプレイヤー賞を受賞。卒業後、日野皓正、吉田次郎、嶋本高之らと共演し、2005年に活動の拠点を東京に移す。山口真文バンド、佐山雅弘トリオ、鈴木勲「OMA SOUND」、市原ひかりGroup、古谷淳トリオ、清水絵理子トリオ、「Megapteras 」等でプレイする。
2008年に自己のカルテットを結成し、ミニアルバム「Graffiti」をリリース。2012年には全てオリジナル曲によるセカンドアルバム「The Times」をリリース。2012Jazz page人気投票においてベストインストアルバム部門で1位を獲得。同時に同サイト上で2012ジャズマンオブザイヤーを獲得する。
ジャズだけでなくポップスのサポート、海外からのミュージシャンのサポート、国内外の音楽イベントやジャズフェスティバルへの出演、ベーシスト3人だけの自己のバンドや、CM音楽の録音、劇団とのコラボレーションなど活動は多岐にわたる。

ご予約

TEL:03-3913-8310

営業時間
 日~木 11:00~22:30
 金・土・祝前日 11:00~23:30

住所:114-0002
東京都北区王子1-10-9

  • お問い合わせ
  • アメブロ
  • 食べログ
  • ホットペッパー

▲Top